Daisuke Sugiyama
杉山大輔

庭のホテル 東京 総支配人の木下彩様をインタビューさせて頂きました。

2014.08.26 update

庭のホテル 東京 総支配人の木下彩様をインタビューさせて頂きました。
http://www.interliteracy.com/philosophy/kinoshita_a.html

コンセプトが他と競合しない独自の特徴を打ち出し、それに共感したお客様が集まる庭のホテル 東京のスタンスは、今の時代にマッチしています。木下さんは34歳(現在の私の年齢)のときに社長になられました。経営者として同じような悩みに直面されていますが、これがまた経営の楽しさだなとインタビューをしながら思いました。

先日12年目の結婚記念日に、上3人の息子たちが合宿で留守だったので、1歳の長女と妻と3人で宿泊しました。日本料理レストランの「緑」の料理はとても美味しく、和食の良さを再認識。朝食をいただいたグリル「流」のバイキングは野菜の種類が豊富で、朝食だけでも食べに来たいと思ったほど。最上級のベッドマットレスは快適で、ノックアウトされたように熟睡しました。皆様も是非一度、上質な日常を体験してみてください。
http://www.hotelniwa.jp/


Profile

杉山大輔杉山 大輔 すぎやま・だいすけ

1979年東京都生まれ、ニューヨーク育ち。2002年慶應義塾大学総合政策学部卒業。2004年慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA取得)。1999年大学1年の時に教育コンサルティング会社を立ち上げる。
2007年コミュニケーション問題の解決をはかる株式会社インターリテラシーを設立。ジャンルを問わない事業展開で、新しいベンチャー企業の在り方を示している。2014年クオンタムリープ株式会社執行役社長として活動。
ベンチャー経営歴15年。3男1女、4人の子どもの父親。東京マラソン、那覇マラソン、ホノルルマラソン完走。『脱米論』(財)公共政策調査会主催、読売新聞社後援「"21世紀においてあるべきわが国のかたち"をいかに考えるか」優秀賞受賞。『守破離』 日本貿易会主催「ジャパンブランドの可能性」第2回日本貿易会賞優秀賞受賞。
『行動する勇気』(フォレスト出版)