Daisuke Sugiyama
杉山大輔

第31回目のインタビューシリーズ「私の哲学」で株式会社ホワイトシップ 代表取締役 アートプロデューサー長谷部 貴美様にご登場頂きました。

2014.10.01 update
芸術の秋で、最近アートにはまっている杉山大輔です。第31回目のインタビューシリーズ「私の哲学」で株式会社ホワイトシップ 代表取締役 アートプロデューサー長谷部 貴美様にご登場頂きました。
http://www.interliteracy.com/philosophy/hasebe_k.html

誰もが使いやすいパステルを使い、自分の心で思い描いたことを表現する。この自分自身を見つめる時間は、情報社会の現代に必要な時間だとインタビューを通して再確認しました。

最近、ホワイトシップのアートプログラムをセミナーに取り入れる企業が増えているそうですが、今後ますます需要が出てくると思います。 私は、去年からアートに興味を持ちはじめ、時間を作って美術館に足を運ぶようになりました。止まることなく情報の波が押し寄せる毎日。自分のスタンスを明 確にし、情報に左右されず、一貫性のある行動をする勇気を持つことが、自分自身にとっても今後のテーマです。 アートをセミナーに取り入れることに馴染みのない方もいらっしゃると思いますが、今回のインタビューが、アートの持つ力について考えるきっかけなることを 期待しています。


Profile

杉山大輔杉山 大輔 すぎやま・だいすけ

1979年東京都生まれ、ニューヨーク育ち。2002年慶應義塾大学総合政策学部卒業。2004年慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA取得)。1999年大学1年の時に教育コンサルティング会社を立ち上げる。
2007年コミュニケーション問題の解決をはかる株式会社インターリテラシーを設立。ジャンルを問わない事業展開で、新しいベンチャー企業の在り方を示している。2014年クオンタムリープ株式会社執行役社長として活動。
ベンチャー経営歴15年。3男1女、4人の子どもの父親。東京マラソン、那覇マラソン、ホノルルマラソン完走。『脱米論』(財)公共政策調査会主催、読売新聞社後援「"21世紀においてあるべきわが国のかたち"をいかに考えるか」優秀賞受賞。『守破離』 日本貿易会主催「ジャパンブランドの可能性」第2回日本貿易会賞優秀賞受賞。
『行動する勇気』(フォレスト出版)