Daisuke Sugiyama
杉山大輔

大切な皆様へ。

2014.06.06 update
10441915_10204012224015522_1859461254411459010_n

明日、2014年6月7日フォレスト出版より初拙著『行動する勇気』が発売されます。自分の人生にとっての節目となり、多くの友人、先輩後輩、仕事の関係者のおかげで今の自分がいることを肌で感じています。この場を借りて本当にありがとうございますをお伝えさせてください。Thank you sooo much for your continuous support. 下記はあとがきより抜粋させて頂きました。

“ここで、お世話になったみなさまにお礼を申し上げたいと思います。 まず、このような機会をくださったフォレスト出版の太田宏社長に、心から感謝を 申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

本を出すのは私の夢の1つでした。 「いつか本を出して自分の考えを多くの人に知ってもらいたい」と、出版社に企画書 などを持ち込み、 5年近く、「前例がないから」といった理由で断られ続けてきました。 そんな中、太田社長は、「これはおもしろい!」と言ってくださり、出版が決まりました。気さくに相談に応じてくれた同社、杉ちゃんこと編集部の杉浦彩乃さん、私の少しおかしな日本語を伝えやすい形に指導してくれたクロロスの小川真理子さんにも感謝したいです。
本書のデザインやウェブで展開している「杉山大輔とは何者?」という企画を提案してくださった制作会社凪の凪 佐〃木社長にもお世話になりました。常に「次の次のこと」まで考えていると肌で感じました。

株式会社 Stack-Up の後尾和男社長にも御礼申し上げます。出版の実現のため、さまざまな出版社に当たってくださいました。 そして、弊社役員の楠田尚美にも感謝します。 楠田は、出版プロジェクトが開始した頃、弊社のインタビューシリーズ「私の哲学」 の原稿をまとめてくれていた外部のライターさんでした。相性がよく、共に出版企画のほうも進めました。ところが、これからという矢先に、乳がんが見つかりました。 最初に聞いたときは、涙が止まらないほど、ショックでした。私は考え、治療が終わったら、弊社役員に迎えたいと伝えました。仕事のスタイルが合うので長くつきあっていきたいと思いましたし、闘病生活に希望が持てれば、と思ったからです。ですから、本の出版は、ただのゴールではなく、自分に課した約束でした。何でもあきらめたらそこで終わりです。うれしいことに、楠田は勇気を持って病と闘い、復活。現在、元気に活躍しています。

また起業当初から誰よりも多くの時間をつきあってくれた弊社の鮎澤大輝、読者目線でのアドバイスをくれた藤村光翼にも感謝したいです。ありがとね! (株)日本能率協会マネジメントセンターの河田美智子さんにも感謝いたします。「計画的偶発性理論」については、キャリア心理学の専門家である河田さんから教えていただきました。
また、妻にも感謝を捧げたいと思います。4人の子どもたちを育ててくれている妻のサポートがなければ、今の杉山大輔は存在しません。本当にありがとう。
最後に、出井伸之氏に心から感謝いたします。次のライフステージを、出井氏と一 緒に活動できることに、最高にワクワクしています。

私の好きな言葉に “Leap of faith” という英語があります。「清水の舞台から飛び降りる」という意味です。これからの私はまさに “Leap of faith” を信念として活動していきます。日本が世界の中でクオンタムリープ(量子力学の言葉で、連続線上にな いジャンプの意味)できるよう、力のすべてを出し切っていきます。 そして、私の人生に影響を与えてくれた方々、私の近くにいるすべての方に感謝し ます。

ようやく、「 一人なら速く目的地に到着することはできるけど、みんなと力を合わせれば、より遠くに行ける」ことがわかりました。 私もみなさんと一緒に行動する勇気を常に持ち続け活動していきます。
I can do it! You can do it! We can do it!!”

Have a great day!
杉山大輔

 

 


Profile

杉山大輔杉山 大輔 すぎやま・だいすけ

1979年東京都生まれ、ニューヨーク育ち。2002年慶應義塾大学総合政策学部卒業。2004年慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA取得)。1999年大学1年の時に教育コンサルティング会社を立ち上げる。
2007年コミュニケーション問題の解決をはかる株式会社インターリテラシーを設立。ジャンルを問わない事業展開で、新しいベンチャー企業の在り方を示している。2014年クオンタムリープ株式会社執行役社長として活動。
ベンチャー経営歴15年。3男1女、4人の子どもの父親。東京マラソン、那覇マラソン、ホノルルマラソン完走。『脱米論』(財)公共政策調査会主催、読売新聞社後援「"21世紀においてあるべきわが国のかたち"をいかに考えるか」優秀賞受賞。『守破離』 日本貿易会主催「ジャパンブランドの可能性」第2回日本貿易会賞優秀賞受賞。
『行動する勇気』(フォレスト出版)